星占いの結果の受け止め方について紹介しているサイト

のめり込み注意?左右されない楽しみ方

真に受け過ぎない

占いは娯楽として楽しめばとても手軽で面白いものです。
神社でひくおみくじや雑誌の占いコーナーなど、受取やすくフランクな月の占いを楽しむくらいが多くの人にとっては合っているでしょう。
もちろん、真剣になってこそ何でも楽しいものですが、占いは主に自分に関することですからその結果によっては気分の起伏やその後の行動を左右してしまうこともある訳です。

良くも悪くも少なからず影響があるものですが、占いによって意思決定を決めたり、方向性など重要なことを決める場合は注意が必要です。
最初からそのつもりで占うのであれば問題ありませんが、あまりに真に受けてしまうとそれ以外の選択肢を潰したり、しなくてもよい予定変更をしてしまうことにもなりかねません。

ポジティブにプラスすれば楽しいものに

占いなので当然、良い結果ばかりとは限りません。
場合によっては落ち込んでいたタイミングで更に気落ちしてしまうような結果を見る羽目になることも少なくないでしょう。
しかし、占いとはそんなものと割り切ってしまえばそれほど怖がることはありません。
むしろ、毎日の小さな日課として組み込むことで日々のルーティーンを開始するスイッチになったり、生活の中の工夫として取り入れることもできます。

自分で何かを計画的に動きたいけれどなかなか腰が上がらない時、動くこじつけとして占いを利用することでスムーズに時間を有効活用できている人もいます。
自分の生活の中に合う方法で組み込んで利用するという考え方なら、占いが実用性を伴ってよりポジティブなものになるでしょう。


このPostをシェアする