星占いの結果の受け止め方について紹介しているサイト

多種多様な占いの世界

星占いはどのように生まれた?

星占いは、言ってしまえば人のこじつけによって生まれたものです。
古くは占星術が誕生し、そこに星それぞれに意味を持たせたり、国の情勢や社会の動き、災害や人の行動などさまざまな意味づけをしてきたものです。

12の星座があることは占いに興味の無い人でも知っているでしょう。
星座にも非常に多くのものがあり、12種類の星座は日本でよく見る占いにも登場するスタンダードなものですがあくまで1部です。
12星座は人の誕生日から割り当てられ、その該当する星座の位置や動きにさまざまな意味づけをしたものが、よく目にする星占いの一般的なものです。

同じ星占いの中でも詳しいものから大雑把なもの、付随情報のあるものまで種類も多様です。
星占いに統計的なデータを組み合わせたものもあるので、学術的な裏付け要素のある本格的な占いの話は人によってはとても面白いものではないでしょうか。

星占いからの派生

占いには星占いだけではなくさまざまなものがありますが、星占い以外の占いに関しても星占いが基盤になっていることは多く、誕生日や性別など大きな軸は多くの占いが共通しています。
星座は誕生日によって決まりますし、星は絶えず動くものであり人の生活や人生もまたとどまることなく動き続けるものです。
そうした動きを人1人のデータをはじめ国の情勢や流行などさまざまな傾向と併せて統計データを基に未来予測をしたり、似通った人のデータを当てはめて運勢を占うのです。

星に当てはめるのはある意味こじつけであっても、統計的なデータや人の傾向などは長い歴史の中で蓄積したものなので、占いだからと一蹴せずに見てみる価値のあるものも中にはあるかもしれません。


このPostをシェアする